MENU
CONTACT

「くびれ」はお腹だけ鍛えればいいの?

こんにちは✨

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング 池袋店 にて

パーソナルトレーナーをしている

市来 一勢 です😁

↑ どんな場所でもストレッチする意識高い系気取ってます😂

撮影時以外はマスクをしています✨

さて今回は、「くびれ」についてブログを書いていこうかと思います!

「くびれ」とは?

みなさんは、「くびれ」と聞くと細いお腹を想像するのではないでしょうか?

「くびれ」とは何か?

「くびれ」とは、引き締まったウエストのことを言います!

ですが・・・

「くびれ」というのは、ただ細いだけのウエストのことは「くびれ」とは言いません。

細い=引き締まっている

という紐付けをしてはいけないです😱

バストやヒップなどは適度にボリュームがあり、ウエストが引き締まっているメリハリのある状態のことを言います。

くびれ=お腹ではないようです🤔

「くびれ」ポイントその1

「くびれ」を綺麗に見せるには、ウエスト以外に

背中・背筋を鍛えてみましょう✨

背筋を鍛えることと、くびれができることとの接点が結びつかない人も多いと思いますが

腹筋以外にも背筋を鍛えることでウエスト引き締め効果があります。

女性は男性よりも太りやすい体質があるため、お腹や腰回りに脂肪をためやすくなります。

腹筋と背筋を組み合わせて効率良く鍛えることで、理想とする腰回りのくびれを手に入れる近道としても重要になってきます。

また、広背筋を適度に鍛えていくと

いわゆる、逆三角形になっていくので

よりウエストが引き締まって見えていきます✨

トレーニングとしては

ラットプルダウン

バックエクステンション

ダンベルデッドリフト

などがあります✨

「くびれ」ポイント2

「くびれ」を綺麗に見せるためにもう1つ大事になってくる要素が

お尻の筋肉になります🍑

お尻の大部分を占めている筋肉を大臀筋(だいでんきん)と言います。

ここを鍛えるとキュッと上がった丸みのあるヒップになれます。

ですが

いきなり大臀筋を鍛えるのは要注意!

股関節まわりが硬くなっていると、トレーニングしても大臀筋以外の部分に負荷がかかり、大臀筋をしっかり鍛えることができません。

まずは股関節まわりをほぐしてから

可動域を広げてから大臀筋を鍛えてみてください😄

トレーニングとしては

ヒップスラスト

サイドウォーク

ワイドスクワット

などがあります✨

自分に合ったトレーニングを✨

「くびれ」を作りたい!

痩せたい!

引き締めたい!

でも

どうやって鍛えればいいかわからない

1人じゃなかなかやる気にならない

どこに効いているのかわからない

など、色々悩むところがたくさんあると思います😓

そんな頑張ろうとしている人や

一歩踏み出そうとしている人を全力でサポートしていくのが

私達パーソナルトレーナーです✨

Dr.トレーニングでは

お客様に合ったトレーニングを完全オーダーメイドで提供していきます!

なので

楽しくトレーニングをすることができます!

一緒に楽しくトレーニングしていきましょう!

このブログを見てくれた皆様の

ご連絡をお待ちしております😄

お気軽にお問い合わせください!

それではまた次回のブログで^^


Dr.トレーニング 池袋店

市来 一勢 / Issey Ichiki

空手関東大会出場

キックボクシング  大会優勝経験多数

NESTA PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 パーソナルフィットネストレーナー)

Instagram issey_ichiki

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP