MENU
CONTACT

トレーニング中の歯の食いしばり問題

こんにちは!

Dr.トレーニング池袋・目白店スタッフの森谷です!

 

本日はトレーニング中の歯問題についてです!

あなたはトレーニング中 歯を食いしばる癖がありますか?

 

 

悔しい人のイラスト(男性)

 

歯を食いしばると力が出るとか出ないとか、、、、

今回はそんなトレーニング中の歯に関する記事です!

 

結論

歯を食いしばっても力は出ない

はい。歯を食いしばったらパワーアップするわけではないのです。

 

悔しくてハンカチを噛む人のイラスト(男性)

 

ではなぜ 歯を食いしばることにより力が出ると言われたのか

食いしばることにより、顎(アゴ)部分が安定し、頭部の安定が増すことから運動能力の向上が出たという結果です。

なので頭部を安定させることができないのなら歯を食いしばったところで何も意味もありません。

なので運動能力向上のために頭部を安定させる ための選択肢として一つ歯を食いしばるというものがある といった形でしょうか。

なぜ頭部を安定させると運動能力が向上する?

 

そもそも頭部の位置が定まらないと、、、

→目から入る視覚情報がブレる

→ブレた結果、正確性が低い情報を使って動作を開始してしまう。

→自分の思い通りに動かせない

というエラーが起こってしまいます。

 

アルツハイマーのイラスト

 

頭部が安定していれば正確な視覚情報を入れられたり、

自分の体の位置覚(自分が今どんな体勢なのか)を把握しやすくなるので次の動作にも繋げやすくなります。

 

色々なアスリート

 

同じ種目の中のアスリートでも

例えば野球選手で、バッティングの際歯をずっと食いしばっている人もいれば 口を開けっぱなしでバッティングを行う選手もいます。

どちらの方も歴史に名を刻むくらいすごい成績を残した方々です。

もちろん個人個人力の抜き方・入れ方様々な要因があるかと思いますが、この2人に共通しているのは 頭部の安定です。

それぞれのやり方で頭部を安定させ運動能力を最大限まで引き出しています。

 

自分が食いしばり派なのか・口開けっ放しの方が運動能力が上がるのかご自身で試してみるのもありですね!

 

ただ歯の食いしばりは歯の破壊はもちろん頭部や首への緊張が高まりやすくなるので、

肩こりの助長などを引き起こす可能性もありますので注意が必要です!

競技者やトレーニーの方はマウスピースを作るのもおすすめです!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

■Dr.トレーニング池袋・目白店

森谷優希 Yuki Moriya

柔道整復師

NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

Instagram: yukigym_