MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

理想の睡眠とは?

こんにちは!

Dr.トレーニング池袋・目白店の草野です!

突然ですが皆さん毎日どのくらい寝ていますか?

5時間でしょうか?それとも9時間?

ある調査によると日本の平均睡眠時は約6時間30という結果が出ており、
実はこの時間は世界的に見ても少ない数値となっているんです。

実際に厚労省の調べでは男女ともに「日中に眠気を感じる」という回答が非常に多かったそうです。

では一体何時間が適正なのか、本日のブログではそんな睡眠についてお話させていただこうと思います。

睡眠の効果

そもそも睡眠は食欲・性欲に並ぶ三大欲求の一つとされ、人の生活にはなくてはならないものですがどういった効果があるのでしょうか。

1.疲労回復

これは言わずと知れた効果だと思います。
ではなぜ疲労回復が睡眠中に起こるのでしょうか?

原理としては簡単で、睡眠中に分泌される成長ホルモンが細胞の修復を行ってくれるからです!
またターンオーバーと呼ばれる作用から、肌質の改善を行うことが出来ます。

2.ストレスの緩和

日中には交感神経が働いているため血行が加速して活動するのに適した状態になります。
一方夜には副交感神経が働くことによって日中の血流が落ち着き、心身ともにリラックスした状態になることが出来ます。

しかし睡眠不足になると自律神経の乱れから夜でも交感神経が働いてしまい、常に筋肉が活動した状態になる為十分にリラックスすることが出来なくなってしまいます。

3.生活習慣病の予防

睡眠が続くと、食欲を抑えるホルモンが減少し、逆に食欲を高めるホルモンの分泌が多くなるため、食欲が増大することされています。
それにより食事量の増加による体脂肪の増加が起因して、生活習慣病になる可能性が出てきてしまいます。

睡眠の効果を高めるためには

前項で紹介した睡眠の効果ですが、この素晴らしい効果を最大限に高めるためにはどうすればよいのでしょうか?

1.就寝2~3時間前には食事を終わらせる

睡眠時に消化活動が起こると、内臓の休まる時間が少なくなってしまいます。
もしどうしても時間が合わせられない場合は、消化の良いお食事を晩御飯に選ぶことを意識してみてください。

2.睡眠前のスマホ

どうしても見がちなスマホですが、画面が発する光によって体が昼間だと錯覚して、睡眠に誘うメラトニンという物質の分泌が減少するため脳が活性化して中々寝付けない状態になってしまいます。

3.入浴

身体の緊張をほぐすためにも入浴は必要不可欠です。(草野はなるべくお風呂につかるようにしています!)
ワンポイントとしては、高温のお湯だと気持ちが良いですが体への負担が大きいため、38~40℃のお湯で10分ほどの入浴をお勧めします!

良い睡眠とは

皆さんも聞いたことがあるかもしれない睡眠のキーワード「レム睡眠ノンレム睡眠」が睡眠の質に大きくかかわってきます。

ざっくり説明すると

レム睡眠:体が休まっている状態
ノンレム睡眠:体と脳が両方休まっている状態

となり、睡眠不足と感じる方の多くがこのレム睡眠の状態が睡眠時に長いとされているのです。

そのため前述した睡眠の効果を高めることによって、ノンレム睡眠の時間を促そうとしているのです!

ここからは私の持論も入りますが、結論良い睡眠とは睡眠時間に左右されるのではなく、いかに質の良い睡眠を獲得するかが重要で、そのための事前準備が非常に大きな要因を持つということをお伝えさせていただきます!


Dr.トレーニング 池袋・目白店 パーソナルトレーナー

草野眞也 / Masaya Kusano

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP