MENU
CONTACT

食べて花粉症緩和?

 

こんにちは!

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング 池袋・目白店スタッフの森谷です!

 

 

先月青い花を見に行ってきました! いつもビルの中にいるので屋外は最高ですね!!

 

今回は花粉症の方に向けた食事についてです!

 

 

そもそも花粉症とは??

 

「花粉症です」のマーク

 

 

免疫の機能異常で起こるアレルギー疾患です。

 

⇒花粉症は花粉が原因のアレルギー性疾患で、鼻炎や結膜炎などが見られます。

侵入してきた物質を追い出そうと、体内の免疫機能が過剰に反応し様々な症状を起こします。

 

鼻づまりでボーっとしている人のイラスト(花粉症)

 

重症な人では微熱やだるさなど、全身的な症状が出る場合もある疾患です。

 

 

どう対策する?

 

免疫をしっかり高めて症状を極力抑えます。

免疫を高めるために、、、

 

・ストレスを溜めない

・しっかり寝る

・運動をする

・しっかり栄養を摂取

 

 

準備運動のイラスト(脚) ■

 

 

食事

 

 

なぜ今回食事かというと、なんと腸には

身体の免疫細胞の60%が集まっています

 

なのでその腸内環境が悪化すると免疫機能に異常が生じるため、

腸内環境を整えておくことが花粉症軽減の策となります。

 

 

まずは取っておきたい栄養素

 

食物繊維 

→腸内環境改善(善玉菌を増やしてくれます!)

 

ビタミンB6

→免疫を正常に保つ働きに必要な栄養素

またタンパク質の代謝をサポートしてくれるので身体作りにも大切。

 

ビタミンC

→アレルギーは過剰な活性酵素のせいで悪化するので抗酸化作用のある栄養素を摂取。

 

 

 

おすすめ食材

 

 

食物繊維は前回記事を見てみてください!→便秘の時はこれを食べて!

 

ビタミンC

→ 水溶性のビタミンなので水に溶けやすく、酸化されやすいので鮮度の良いうちに食べるのがおすすめ!

ただ一度に多量に摂取すると身体の外に排出されてしまう栄養素なので毎食でしっかりとれるのが理想です。(1日100mg)

 

 

赤ピーマン(80g) パプリカのイラスト(野菜)

 

 

芽キャベツ(90g) 芽キャベツのイラスト

 

 

ブロッコリー (100g) ブロッコリーのイラスト(野菜)

 

 

 

 

ビタミンB6(1日1.5mg)

 

→こちらも水溶性のビタミンなので鮮度の良いうちに食べるのがおすすめ!

生で食べられる食品はそのままの摂取がおすすめです。

 

 

マグロ(200g) マグロの赤身のお刺身のイラスト

 

 

ニンニク (100g)ニンニクのキャラクター

 

 

ピスタチオ(90g)  ピスタチオのイラスト(ナッツ)

 

 

ささみ(200g) ささみのイラスト

 

花粉症 薬に頼るだけでなくこれを機に食品選択をして症状改善や健康を見直す機会になると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

■Dr.トレーニング池袋・目白店

森谷優希 Yuki Moriya

柔道整復師

NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

Instagram: stella _y _88

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP