MENU
CONTACT

そもそも免疫力ってなに?

皆様こんにちは!
Dr.トレーニング池袋店 窪薗彩香です!

今回はここ1年よ〜〜く耳にするようになった免疫力について!

 

免疫力とは

免疫とは、細菌やウイルスから体を守ってくれる御システムのことです。

この“免疫“と言う防御システムがしっかり発動してくれることにより
ウイルスが体に侵入してきても、その侵入してきたウイルスに対して対抗できるように
自分を守るものを作って攻撃をします。

このウイルス(病原体)のことを抗原と言い、それに対して対抗するものを抗体といいます。
免疫力が高い状態=“抗体”をしっかり作り病原体と戦える状態ということです。

 

世界各地でコロナウルスが蔓延し始め早一年。
「免疫力を上げる行動を」「免疫力がある人は〜・・」とニュースでよく発言され、
運動する人が増えたのも、しっかり病原体と戦える身体を作る必要があることを
ウイルス感染拡大により多くの人が感じたからこそですね。

 

免疫には2種類ある

免疫には自己免疫と獲得免疫の2種類があります。

自己免疫とは
先程ご説明した、自分を守るための抗体を作って自然に免疫を獲得できること

獲得免疫とは
一度侵入してきた抗原がもう一度体内に侵入していた際、
もう一度すでに記憶されている免疫が活性化されて侵入してきた抗原を攻撃して追い払うこと
インフルエンザの予防接種も獲得免疫の一つです。

ニュースなどで発信されている“免疫力を上げよう”というのは
自己免疫を向上させようということです。

自己免疫の低下の原因

自己免疫、どのような行動で下がってしまうのか?

【原因】
加齢


―加齢に伴い、免疫細胞が低下したり新しく作られた免疫細胞の機能が
低下したりするため、免疫力が落ちます。
今回のコロナウイルスでも高齢者の方がお亡くなりになり
ニュースでも注意喚起されておりましたね。

ストレス


ー強いストレスは自律神経のバランスを崩します。
自律神経の乱れは免疫力の低下へと繋がります。

睡眠時間の低下


ー1日8時間以上の睡眠をとっている人は
8時間未満の人に比べ約3倍も風邪にかかりにくいというエビデンス(化学的根拠)が出ております。
睡眠時間を満足に取れていない時は、イライラしやすくなったり頭の回転が普段より遅くなったりと
ストレスにも繋がりやすいので要注意です。

食生活の乱れ


―食事は身体を健康に保つために重要な要素です。
場合によっては、食生活のバランスが乱れることにより

多岐に渡り体への不調が出始め、正常な活動が行えない場合もあります。
抗原が体内に入ってきた時はさらに抗原と戦う力も必要となるため
栄養のバランスが整った食事が必要となります。

体温低下


―体温が下がると血液循環は悪くなります。
血行が悪くなると体内に抗原が侵入し発見しても素早く攻撃することができません。

また、現代人は低体温の方が非常に多いとされており、
低体温になる原因は、筋肉量の不足と言われております。

 

 

現在のライフスタイル、運動不足と感じていらっしゃる方も多いのでは??

細かく原因追及していくともっと沢山出てきますが
他の原因も結果的に上記の内容に繋がってきます。

 

日々の行動により
どんどん病気やウイルスに感染しやすい身体作っていないですか?

 

どうしようもないこと、ご自身の行動で変えていけること、
原因が沢山あるということは改善策も沢山あるということです!
是非流行しているコロナウイルスをきっかけに
ご自身の普段の行動・習慣を振り返ってみてください!

 

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP