MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

アルコールは悪?

こんにちは!

池袋店の草野です!

皆さんお酒は普段どれくらいの頻度で、どんな種類のお酒を飲まれていますか?

ちなみに僕はビール党で、人並み以上に飲む事が好きなタイプです!笑

 

コロナウイルスにより外食が減って、飲酒量が減ったという人もいれば、リモート飲みの流行によりご自宅での飲酒が増えた方もいるかと思います。

大人になってから自然と口にする機会が出てくるアルコールですが、身体には一体どの様な影響を及ぼしているのでしょうか?

身近な存在であるアルコールの影響について簡単にお話させていただければと思います。

 

アルコールについて

そもそもお酒とは、アルコールを1%以上含むものと定められています。

お酒を飲むと、胃と小腸によって吸収され血中に入り、全身に送られていきます。

 

その後アルコールは肝臓でアセトアルデヒド、酢酸という順番で分解されて、尿となり体外に排出されます。

(飲み過ぎた次の日に体がお酒臭くなるのはこれが原因です!)

 

日本人は体質的にアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないため、欧米人に比べて一般的に言うお酒に強い人が少ないとされています。

このアルコールは人体に次のような影響を及ぼすことがあります。

 

お酒が体に与える悪影響

 

アルコールを長期間、大量に接種すると

 

肝臓に中性脂肪が蓄積されて肝臓に影響が出る、肝機能障害

 

アルコールが大脳新皮質の働きを鈍くする事によって起きる、リラックス効果に依存をしてしまうアルコール依存症

 

一気に多量のお酒を飲む事で肝臓でのアルコール分解が追いつかず、血中アルコール濃度が上昇する急性アルコール中毒

 

など、皆さんも一度は聞いた事がある症状が現れてきます。

 

これだけ見るとお酒がとても恐ろしい存在に見えてきますよね、、、、汗

 

 

ですが最初に記載してある一文をよく見てください。

長期間、大量にとありますよね?

どんなものでも過剰摂取をしていれば何かしら体に影響は出てきてしまいます。

特にアルコールはその影響が顕著に出てしまうものなので

だからこそ飲酒は20歳未満はしてはいけないという法律も制定されているのです。

美味しくてもほどほどにということですね。

 

トレーニングとアルコール

最後はトレーナーとしてもお伝えしたい、アルコールは筋トレに影響を及ぼすのか?についてお話します。

結論から言うと、、、、悪影響アリです!!!汗

 

これは残念ながら少量であっても影響は出るとされています。

具体的には、筋トレによって引き起こされる筋合成をアルコールが阻害してしまうというものです。

 

特にトレーニング直後の飲酒は最も影響が出るとされているので、なるべくトレーニング後は飲まないようにしたいですね!

 

ここまでアルコールの影響についてお話してきましたが、人生我慢してばかりでは体の健康は保てても心の健康を満たすことはできません。

過度な飲酒は控えて、適度な飲酒とトレーニングを両立して心身共に充実した日々を送りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

■Dr.トレーニング池袋・目白店

草野眞也 Masaya Kusano

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP