MENU
CONTACT

ストレス軽減&老化防止、抗がん作用のある栄養素

池袋のパーソナルジム

Dr.トレーニング池袋店の岩谷涼平です!

昨日から森谷くんとバルクアップ対決開始しましたw

怪我で思うようにトレーニングできていませんでしたが、ここから再スタートです!

 

今回はビタミンCについてです!

早速いってみましょう!!!

ビタミンCとは?

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つで16世紀から18世紀にかけての大航海時代にオレンジ果汁から発見されました。

 

多くの哺乳動物では、体内でブドウ糖からビタミンCを合成することができますが、人の他、モルモットなどの一部の動物は、合成に必要な酵素がなくビタミンCを合成できないため、食事からビタミンCを摂取しなければいけません。

ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。

そのほかの症状としては、いらいらする、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などがあります。

また毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。

最近はビタミンCの抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止にビタミンCが有効であることが期待されています。

摂取方法

ビタミンCは、果実類、野菜類、いも及びでん粉類、し好飲料類に多く含まれています。

バランスの良い食事を心がけていれば不足の心配はまずありません。

ビタミンCは、風邪やインフルエンザなどの感染症の時、その必要量が増加します。また、喫煙によってもビタミンCの要求量が高まります。

近年では野菜の摂取量が減少しており、不足しがちなビタミン類を野菜ジュースやサプリメントで補う人もいますが、野菜ジュースやサプリメントから摂取されるビタミンCは、通常の食事で野菜から摂取した場合よりも、排せつまでの時間が非常に短いことが知られています。

ビタミンCは熱に弱く加熱調理により分解されますが、じゃがいもやさつまいもなどはビタミンCがでんぷんにより保護されているため、調理後にもほとんど分解されずに残ります。

 

つまるところ効率よくビタミンCを摂取したい場合はジャガイモやサツマイモで摂取するかサプリメントなどの摂りやすいモノを高頻度で摂取することが良いかと思います。

 

僕の体験談ですが、食事を普通にできるているときは栄養素の大切さに全く気づくことはないですが、減量末期で思うように摂取できない時や食生活が偏って肌が荒れた際に栄養素を意識して食事をするとすぐによくなることがあります。

こういうときに大切さが身にしみますw

 

では本日は以上です!

Dr.トレーニング池袋店 岩谷涼平

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP