MENU
CONTACT

ランニングするとお腹が痛くなる!? 理由を簡単に説明✨

こんにちは!(^^)✨

パーソナルジムDr.トレーニング池袋店/目白店

店長をやっております、東田雄輔です!

 

 

台風の影響で気温、湿度共に高めではありますが

朝晩はかなり涼しくなってきましたね!

涼しくなったからトレーニングをし始めよう

とパーソナルトレーニングジムやフィットネスクラブに訪れる方は多いのでは???

 

 

また朝晩の涼しい時間にランニングをする方が多くなる時期ですね!

 

 

そうした時に、

お腹が痛い、もう走れない。

という方多いと思います!

嫌ですよね! 解消しましょう!

 

 

そんな皆さんのために今回は

『ランニング中の腹痛』についてお話します!

原因は2つ

・血流

・筋肉、内臓系

 

血流

 

この場合は主に食事の内容や時間等と関係があります。

 

皆さんも一度は学生時代、

給食を食べた後すぐに昼休みや体育で動き「お腹が痛い」

という経験があるのでは?

 

食べた後、人間は食べたものを消化→吸収するため

胃や腸が活発になります。

活発になる為に必要なのが血液であり、

その際に運動を激しくしてしまうと筋肉の方に血流が必要になり、

結果として胃や腸の血液量が不足し、「お腹が痛い」という指令を脳に出します。

 

 

食べた後は消化→吸収が優先順位として高く、

身体はしっかりそれを分かっているので凄いことですよね!

食べたら休む!

めっちゃ大事です(^^)✨

 

 

筋肉、内臓系

 

こちらはランニング等での振動で内臓系の位置関係が崩れたり、

筋肉を引っ張ったりすることで起こります。

深呼吸をして、ストレッチをする等のアプローチが多いですが

事前に体幹周辺の筋肉のストレッチをすることをオススメします!

 

その上で体幹の側面にある

腹斜筋や腰方形筋等は硬くなりやすい筋肉なのでしっかり伸ばしましょう!!!

 

学芸大学店、善積店長✨

 

デュークストレッチという種目で上記の筋肉達を伸ばしてます!!!

以上、ランニングの際の腹痛についてでした!

 

ランニング前には

・多くの量を食べない、時間を空ける

・体幹周辺の筋肉を伸ばす

 

コチラを守ってマラソン目指してファイトです!

僕は最近ランニングをサボっているのでがんばります。。。笑

 

Dr.トレーニング 池袋/目白店店長

東田雄輔

NSCA-CPT. NASM-PES.JATI-ATI

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP