MENU
CONTACT

腰痛予防には腹筋を。 もっとトレーナーらしく解説します! 

池袋のパーソナルトレーニングで大人気!

Dr.トレーニング池袋店、店長の東田雄輔です!

 

 

今回は

「腰痛予防には腹筋を」について

トレーナーらしくもっと深くまで解説をしていきます!

結論ですが、

「腰痛予防には腹筋を」について多くは間違ってないです!

 

 

ただその症状や腰痛の種類によっては良くないので注意が必要です。

 

まず腰痛の種類としてこちらがメジャーです。

・ヘルニア

・すべり症

・筋筋膜性腰痛

※細かい説明はここでは省かせていただきます。

 

上記のような腰痛の場合、

禁忌(やっては行けない動作、姿勢等)があるため一概に腹筋をやっておけば良い、

ということにはなりません。

 

ただ、筋筋膜性腰痛の場合、

筋肉や筋膜の硬さや癒着、機能不全によって起こるものですので

「腹筋をしましょう」というアドバイスは的確かと思います!

 

更に、その腹筋をすることでどのように腰にいい影響があるかです!

 

腹筋をすることで脊柱(背骨)の腰椎(いわゆる腰)という所が屈曲(丸まる)し、腹直筋(お腹の6パックの筋肉)という筋肉が収縮します。

腹直筋が収縮することで相反抑制(筋肉の表と裏の関係)によって腰の筋肉が緩みます。

その腰の筋肉とは脊柱起立筋や腰方形筋といった腰痛改善にはかなり大事な筋肉のことです。

上記の腰の筋肉が硬くなることで腰痛を誘発しているようであれば、それ自体が柔らかくなるので筋筋膜性腰痛は改善される。

 

というような良い循環があるんです!

素晴らしいですよね!皆さんは知ってましたか??

 

自分自身の感覚では、腹筋が弱くて腰痛になっている

という方よりも腰周りの筋肉が硬いことで腰痛を起こしている方が多いです。

なので腹筋を弱いから鍛えて腰痛改善というよりは、腹筋を鍛えることで腰回りの筋肉がストレッチされて腰痛が改善する。

というような説の方がしっくりきます!

 

腹筋の鍛え方は千差万別。

次回の東田担当のBlogではその腰痛改善の種目についても触れていきますね!

 

では👋

 

 

Dr.トレーニング池袋&目白店店長、

スクール講師 東田雄輔

NSCA-CPT

(NSCA認定パーソナルトレーナー)

.

NASM-PES

(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)

.

JATI-ATI

(JATI認定トレーニング指導者)

.

IASTM

(Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization)

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP