MENU
CONTACT

水は1日2L! それって本当?みんなその量でいいの?

 

こんにちは!
Dr.トレーニング池袋店 窪薗です!

 

本日は皆さんが一日に最低でも一度は口にするはずの・・

についてです🥛

 

水の重要性

 

生きていく上で無くてはならない水。

なぜなら私たちの体の50〜70%は水分でできており(年齢により異なる)

そのうち10%を失う健康を脅かされ、20%を失うと死を招くとも言われているのです。

 

 

年齢により体内水分量は変わりますが、健康な成人は60〜70%と言われています。

【体のほとんどは水分】

そう思うと必然的に水の重要性を感じられるはず。

 

 

 

水は体内でどのような働きをしているのか?

 

 

では実際水は体内に摂り込むことでどのような働きをするのか?

 

・体内に摂り入れた栄養物やホルモンを体全体に運搬作業

・血液の流れを円滑にする

・体内に不必要な老廃物を排出する

・体温や血液濃度の維持や調整をする

 

主にこのような働きをしています。

 

水は2L飲むもの・・?

 

 

よく耳にする【水は1日に2L飲まないといけない】

これはなぜ”2L”という数値であらわされるようになったのか?

2Lという量はどんな体の大きさの人であっても同じ量なのか?

 

体内に摂り入れた栄養も血液を介して体中に巡らせないといけないし

血液の流れを良くし、老廃物の排出してくれる水。

気温が上がった時は汗を出して体温調整もしないといけない。

 

 

そう思うと結構な量必要な気がしてきませんか?

摂取水分量はわかる。排出水分量は?

 

自分がどのくらい水分を摂っているかはわかっても、

どのくらい排出しているかなんてわかる人はなかなかいないはず。

 

日頃、人間が生活する上で排出している水分には何種類かあります。

 

 

体内の老廃物を溶かすために最低限必要な不可避尿

1日最低500mlの尿を出さないと体に老廃物が貯まりやす状態となると言われています。

 

 

多く水分を摂り過ぎた場合、健康な体に人は排出たくなります。

これを随意尿と言い摂取量にもより変動しますが700ml〜1L

 

体が糖質や脂質などの栄養素の燃焼により発生する水分、燃焼水300ml

 

そしてこの日頃生活する上で、排出される水分量をまとめるとなんと2.5Lとも言われています。

 

 

 

健康に過ごすために必要な水の量は?

 

では結論、

 

健康に過ごしていくために必要な水の量はどのくらいなのか?

 

まずは年齢でどの数値に当てはまるのか確認してください。

 

30歳未満・・・40ml

30~55歳・・・35ml

56歳以上・・・30ml

 

そしてこの計算式に当てはめます。

体重(kg)×年齢別必要量(ml)=必要水分量

 

 

体重や年齢が違うのに一概に同じ量、というのはおかしいですよね。

ただ「健康的な成人」などの目安体重で計算したものが世の中には出回っているのでしょう。

あくまで目安ですが、

水の重要性を感じ、ご自身が摂取するべき水分量を把握して上で日頃気をつけてみて摂取してみてください!

 

水の摂りすぎは水中毒になる可能性もあるのでご注意を!!!!!

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP