MENU
CONTACT

成長ホルモン、アルギニンはいつ摂取するべき?

こんにちは!
パーソナルジムDr.トレーニング池袋店 窪薗です!

 

(トレーニング後の汗だくの一枚。笑)

 

突然ですが、皆さんはアミノ酸摂取していますか?

私は毎日、朝やトレーニング中、食事が十分に摂れなさそうな忙しい仕事中にも摂取しています。

本日はそんなアミノ酸の一つでもあるアルギニンについてです。

 

アルギニンの効果とは?

 

先ほどお伝えしたようにアルギニンはアミノ酸の一種であり
体内でも合成可能な非必須アミノ酸になります。

特に成長ホルモンの合成を促進させる働きがあり
脂肪代謝を促し筋肉を強化してくれる脂肪燃焼系のアミノ酸です。

 

 

またこの一年、免疫力いついて注目されていますが
アルギニンは細菌やウイルスに対する抵抗力を高める働きもあり、
免疫力向上にも繋がる本当に優秀な栄養素です。

 

 

他にも
・疲労回復効果

・保湿効果(女性は特に嬉しいですよね!)

このような効果もあります。

 

 

 

冒頭にお伝えしたように
アルギニンは成長ホルモンの合成を促してくれるますが
成長ホルモンは10代で最も多く分泌されます。

では私たち成人した大人は分泌が少なくなるにあたって
どのような行動を取れば十分にアルギニンを手に入れることができるのでしょうか?

 

 

アルギニンは食事から摂取できる!

 

アルギニンを多く含む食物は沢山あります。

アルギニンはアミノ酸だとご紹介しましたが

アミノ酸ということはタンパク質が分解されたものになります。

 

なので食物としてもタンパク質が多く含まれる

・大豆(2700mg/100gあたり)

・マグロ(1300mg/100gあたり)

・鶏卵(1200mg/100gあたり)

 

 

・うなぎ(1100mg/100gあたり)

・和牛(900mg/100gあたり)

 

このような食材からしっかり摂取できます。

 

 

どんないい食材でも摂りすぎは体に悪になりますが
アルギニンの適性摂取量はどのくらいなのでしょうか?

 

 

アルギニンの適性摂取量は?

 

1日に2000~4000mg以上の摂取が必要だと言われています。

 

ただし・・厚生労働省も摂取量を正確には定めていないようです。

その中で摂取しすぎないための豆知識💡

 

長期間の摂取を前提とし健康状態に問題のない摂取量は

15000~21000mg程度ということ!

鶏卵ひとつでは少なすぎるということですね。

このように適性摂取量を取る上で食材選択に困ってしまう方は

サプリメントでの摂取がおすすめです。

成長ホルモン、アルギニンは
いつ摂取するべき?

 

アルギニンの効果的な摂取時間は
成長ホルモンが最も分泌される就寝中・・の前!
就寝前の空腹時です。

筋力トレーニングの前後で摂取することで筋肉量アップにも繋がるとも言われています。

 

 

私も調べながらもっとタイミングを見計らって摂取しようと思いました・・(笑)

 

サプリはあくまで栄養補助ですが
効果的な時間や摂取の仕方、摂取量でお体をより健康に導いてくれます。

皆様も是非お試しください^^

 

 

 

■Dr.トレーニング池袋店

池袋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング池袋店〉

03-6715-6043

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40-10 東池Kビル2F
>池袋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>池袋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP